歯科Q&A

妊婦さんへの健康指導について

妊婦さんへの健康指導について

なぜ妊娠中は歯周病や虫歯になりやすいのか
  • つわりによって、歯ブラシを口の中に入れるだけで気持ち悪くなり、十分にブラッシングができない。
  • 食事回数が増えるため、口腔内が不衛生になる。 そして、再石灰化能力も低下する。
  • 歯周病菌が好む女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)の分泌が増加するため、歯周病菌も増殖し、歯肉の炎症を起こしやすくなる。
  • 体内の免疫力が低下する。また、過度なストレスや不規則な生活もその原因となる。
  • 唾液分泌量が低下するため、細菌が増殖しやすい。また、酸を中和するという唾液の力も低下してしまう。

妊婦さんへの健康指導のポイント
  1. つわりでブラッシングができないときは、ブクブクうがいだけでも食後に行うようにして下さい。市販のうがい剤を使用するのも効果的です。
  2. 唾液を増やすため、水分をよく摂るようにして下さい。キシリトールガムを噛むなら、唾液分泌も促進でき、口腔内が酸性に傾くのも防ぐことができます。
  3. カルシウムが不足しがちになるので、乳製品、小魚、海藻etcが十分に摂れる食事を考えましょう。
  4. 赤ちゃんの口腔内に虫歯菌は存在せず、母子感染によって感染します。 つまり、お母さんに虫歯が多ければ、それだけ赤ちゃんも虫歯になりやすい事を認識し、ブラッシング指導や歯科受診をしっかり受けましょう。
  5. 妊娠後期や出産後には歯科医院に来院するのが困難になるため、定期健診を受けて虫歯、歯周病の早期発見、早期治療に努めましょう。