歯科Q&A

歯並びについて

歯並びについて

歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなくいろいろな病気の原因となることもあります。
《歯列異常》 乳歯に虫歯があると、乳歯から永久歯に生え変わるとき、永久歯の位置がずれることがあります。また、いったん生え変わった歯は、その位置にはとどまらず、噛み方や癖によって移動します。さらに歯が抜けたりかけたりした場合、歯はあいたところにどんどん傾きます。 このように歯並びが悪いとさらに歯並びを悪くしていきます。

歯並び

①乱杭歯 ・・・ 歯がばらばらに並ぶ
②すき歯 ・・・ 歯と歯の間に隙間がある
③欠損歯 ・・・ 生まれつきまたは後天的に一部分だけ歯がない
④過剰歯 ・・・ 歯がきちんと生えてこないで、歯肉の中に埋もれている

《不正咬合》

歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。これを不正咬合といいます。 不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。

《顎関節症》

①あご周辺の筋肉痛
②あご関節の痛み、不快感
③口をあけるときコキッと音がして、耳辺りまで痛くなる
④あごが痛くと口を開けない
などの症状のほか、首や手足にまで痛みを伴うことがあります。

《虫歯や歯周病になりやすい》

歯並びが悪いと必ず虫歯ができるというわけではありませんが、きれいな歯並びの人よりも虫歯になりやすいのは確かです。
歯並びが悪いと、歯や歯の重なっているところに歯垢がたまりやすくなります。そういう場所は歯ブラシも届きづらく、磨きのこしが出やすくなるためです。これは虫歯だけでなく歯周病の原因にもなります。 歯並びが悪いのは美容上の問題だけでなく、口腔衛生と重大な関係を持っています。