上前津歯科医院

こどもの指しゃぶり

こんにちは上前津歯科医院です。
今回はこどもの指しゃぶりについてお話します。

小さなお子さんを持つお母様から「指しゃぶりを何歳ぐらいまでつづけて良いか」
「歯並びが悪くならないか心配」という質問を受けることがあります。
歯科医の立場では、歯ならびや咬み合わせがひどくならないように、4歳から5歳をすぎたらやめた方が良いかと思います。

3才までは、まだ歯が抜けかわっていない、乳歯の段階です。この時期の指しゃぶりは、発達期のものですから、神経質になる必要はありません。
このころは指しゃぶりによって歯並びが悪くなることはほとんどありません。
仮に乳歯の歯並びに多少の問題が発生しても、永久歯に影響することはありません。

4才~5歳を過ぎ永久歯が生える直前まで指をしゃぶっていると、永久歯の歯並びに影響が出る可能性があります。
4才を過ぎても指しゃぶりが続いている場合は、大人が意識して、徐々に指しゃぶりをやめさせてあげましょう。

指しゃぶりの歯並びへの影響

    • 上顎前突:上の前歯が前方にでる。
    • 開咬:上下の前歯の間に隙間があく。
    • 片側性交叉咬合:上下の奥歯が横にずれて中心があわない。
    • 咬合の異常により、発音が悪くなる、あごの発達に影響する、前歯が出て口が閉じにくくなることにより、口呼吸になりやすくなる。

などの影響があります。

なかなかやめられない指しゃぶりは、子どもの不安や寂しさに原因があることもあります。その不安や寂しさを解消することで、指しゃぶりがなくなる場合もありますので、いっしょに遊んであげたり、話を聞いて、子どもをストレスから解放してあげる工夫も大切です。