上前津歯科医院

歯のホワイトニング〜素敵な笑顔のために〜

これを読み始める多くの方は、歯を白くすることに興味を持っているのではないでしょうか。歯のホワイトニングは聞いたことあるけどどのようなものかよくわからなくて、なかなか一歩を踏み出せない方もいると思います。ホワイトニングは「痛くない?」「時間がかかる?」「歯を削る?」などの疑問を持っている方もいると思います。

ここではホワイトニングとはどのようなものなのかをお話ししていこうと思います。

 

1.「歯のホワイトニングってなに?」

ホワイトニングとは、歯の色を薬剤を使って化学的に白くきれいにする治療法です。歯を削って白いかぶせ物をしたり、歯に白い材料を貼り付けることなく、ご自身の歯の形のまま白くしていきます。歯を一切削らないので自然な歯の形や状態を維持したまま、歯を白くすることができます。歯は一度削ってしまうと、その形は元に戻ることはありません。歯並びや歯の形バランスに問題がなく、歯を白くしたいとお考えの場合はホワイトニングをおすすめします。
ホワイトニングは、歯の表面に付着した汚れや着色を取るクリーニングや、PMTCと呼ばれるものとは違います。歯は表面に付着した茶しぶやタバコのヤニなどでも、色が暗く見えたりくすんだりします。クリーニングやPMTCはこれらをきれいに落とすことで、歯の色を本来の色に戻します。しかし歯の表面の着色を取るだけなので、ご自身の歯の色以上の白さにはなりません。ホワイトニングは歯自体の色を、歯の表面だけではなく内側まで白くしていきます。
ホワイトニングの種類はオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そしてその2つを組み合わせたデュアルホワイトニングがあります。

それぞれどんな特徴があるのか見てみましょう。

2.「ホワイトニングにはどんな種類があるの?」

2-1.オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングです。歯の表面に、過酸化水素などの薬剤を塗布し光を照射させます。すると薬剤が反応し、歯の内部の色素を分解、漂白していきます。
ホームホワイトニングよりも短期間で効果を実感していただけますので、早く歯を白くしたいという方にはおすすめです。
1回の施術でも白さを実感していただくことはできますが、週に1度のオフィスホワイトニングを数回繰り返すことで、十分な白さを得ることができます。

以下にオフィスホワイトニングについてまとめます。

・ 1回の施術で効果を実感できる
・ 短期間で行うため、白さが持続しにくい
・ 歯科医師または歯科衛生士の管理下で行える
・ 効果の高い薬剤を使うため1回の料金が高くなる

2-2.ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅でご自身によって行うホワイトニングです。
歯科医院で歯の型どりをし、専用のマウスピースを作ります。
ご自宅でマウスピースの中に過酸化尿素などの薬剤が入ったジェルを注入し、歯に装着して行います。
1日2時間程度装着し、約2週間続けていただきます。オフィスホワイトニングより時間や手間がかかりますが、より自然な白さを得ることができ、効果も長続きします。

以下にホームホワイトニングについてまとめます。

・ 効果を実感するまでに時間がかかる
・ 時間をかけて行うため、白さが持続する
・ ご自身で行うため、管理を怠ると効果が得られない
・ 料金が安く抑えられる(薬剤+マウスピース代)

mausp

2-3.デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。歯が白くなったという効果を早く実感することができます。そして、自然な白さが長く続きます。
一番おすすめの方法です。
またホワイトニングの効果は個人差があり、白くなりにくい方もいます。そういった方にもデュアルホワイトニングはおすすめです。

以下にデュアルホワイトニングについてまとめます。

・ 早く効果が得られ、白さが持続する
・ 歯科医師または歯科衛生士の管理下で行える
・ 1回の料金は高くなるが、コストパフォーマンスが良い

3.「ホワイトニングのメカニズム」

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素を主成分とした薬剤を用いて行います。この薬剤を歯の表面に塗ることで歯の着色成分を分解し、さらに歯の表面を曇りガラスのように変化させることで歯が白く見えてきます。
ではなぜ歯が白くなるのかのメカニズムを、少し詳しく説明していきます。
通常、歯の表面はエナメル質という組織で覆われています。このエナメル質が塗布された過酸化水素と反応し歯の着色成分を分解する時に、フリーラジカルというものが発生します。この発生したフリーラジカルにより、歯の着色成分に含まれる色素同士の結合が切断され着色成分の分子が小さくなり、無色透明に近くなります。しかしエナメル質の色素が無色透明になっただけでは、完全に歯は白くなりません。エナメル質の下にある象牙質という組織が黄味がかっているため、無色透明になるとそれが透けて見えてしまうのです。
ホワイトニングで歯が白くなるメカニズムは、ホワイトニング剤から発生する活性酸素が重要になってきます。活性酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱という角ばった微小な組織を、球状に変化させます。球状になったエナメル小柱の表面は、光が乱反射してくもりガラスのような、マスキング効果を得ることができます。このメカニズムにより、歯が白くきれいになります。
オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング剤をより活性化させる特殊な光を当てることにより、ホームホワイトニングより早く白い歯を得ることができるのです。

bfoa

4.「ホワイトニングを始める前に」

安全で効果的なホワイトニングを行うために、まずお口の中全体を検査します。
検査により虫歯がある場合は、先に治療を行う必要があります。

ホワイトニングは、お口の中にある被せ物や詰め物には効果を発揮しないため、ホワイトニング後に歯の白さに合わせて、詰め物や被せ物を作り直す場合があります。

また歯の表面に歯石などの汚れが付着していると、ホワイトニングの薬剤が十分に歯に浸透しない為、本来の効果が得ることができません。
ホワイトニングを行う前には、歯のクリーニングをしっかりと行う必要があります。

ホワイトニングを考えている方は、まずはしっかりと歯科医院にお口全体の検査してもらい、ご自身のお口の状態を理解しましょう。

5.「ホワイトニングで気を付けておきたいこと」

5-1.ホワイトニングを終えると色が後戻りすることがあります

ホワイトニングを行って、白くきれいになった歯の色はずっとその白さが続く訳ではありません。個人差はありますが、3~6ヶ月ほどすると歯の色が戻ってきたことに気づき始めます。歯の白さを維持していくには後戻りが気になりだした時期に、再度ホワイトニングを行う必要があります。二回目以降のホワイトニングを行う時は、初めてホワイトニングを行った時に比べ白くなりやすく、回数や期間も短くて済むことが多いです。
定期的なホワイトニングを行うことで、白く輝く歯を維持することができます。

5-2.クリーニングを継続することで効果が長持ちします

ホワイトニングを行った後は、しばらく歯の表面が荒れた状態になっています。この時は歯の表面が着色しやすい状態になっています。ホワイトニングを行っている期間中は、カレーや赤ワイン、ケチャップ、コーヒーなど色の濃いものを控える必要があります。タバコや色の濃いうがい薬なども控えてください。
また、ホワイトニング後は歯のクリーニングなどメンテナンスを行うことで、自然な白さを持続させることができます。特にPMTCを合わせて行っていただくと歯面が艶のある白さになり汚れや色素も付着しにくくなります。
関連記事:歯医者さんで歯のクリーニングは必要なの?
ホワイトニング効果のある歯磨き粉も販売されています。歯の表面の汚れを分解し、さらに着色汚れを付きにくくする作用のある歯磨き粉もあります。ご自宅で毎日の歯みがきをされる際に使用するとより効果的です。
関連記事:歯磨き粉(歯磨剤)の選び方~歯磨き粉で歯は白くなるの?

ment

5-3.歯がしみることがあります

ホワイトニングを行うと、薬剤の刺激により冷たいものなどで歯がしみやすくなる知覚過敏が生じることがあります。歯の表面がすり減っていたり、歯周病で歯ぐきが下がっている場合や長時間のホームホワイトニングなどが原因で生じることがあります。これは一時的なものなので時間とともに落ち着くことがほとんどです。症状が強い場合は一旦ホワイトニングを中断して知覚過敏の症状が落ち着いてから再開します。

5-4.詰め物やかぶせ物は白くなりません

ホワイトニングで効果があるのは天然の歯質のみです。人工の詰め物やかぶせ物がしてある部分は白くなりません。ホワイトニングを行う歯に詰め物やかぶせ物がしてある場合はホワイトニング後に色が目立つ場合があります。気になる場合はホワイトニング後の色に合わせて詰め物やかぶせ物をやり直す必要があります。

ホワイトニングをされる際は、このようなことをよく理解していただき歯科医師と、ホワイトニングの間隔や定期的なメンテナンス、ご自身に合ったセルフケアの方法などをよく相談していただくと、より効果のあるホワイトニングができるでしょう。

最後に

白くきれいな歯を手に入れると人と会話した時や笑ったときの口元に自信を持つことができます。黄ばんだ歯を白くホワイトニングすることで若さや清潔感を相手に印象付けることができます。歯が白くなるとお顔の表情や肌も明るく見えてきます。ホワイトニングはご自身の希望やライフスタイルに合わせてその種類を選ぶことができます。歯の色が気になる方はまず歯科医院を訪れてご自身に合ったホワイトニングの方法を歯科医師と共に見つけてみましょう。
そしてあなたのより素敵な笑顔を手に入れましょう。

上前津歯科医院のホワイトニング

上前津歯科医院では歯科医師監修のもと歯科衛生士がしっかりと丁寧に対応させていただきます。ホワイトニング方法は「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」それぞれ取り扱いを行なっております。ホワイトニングの施術例はこちら

医院案内はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加