歯周病

歯周再生療法

歯周再生療法について
Perio

歯周治療の最終目的は病気の進行を止め、元の健全な状態に組織を回復させることです。しかし従来の歯周病治療では、歯が抜けてしまうという事態の前に、これ以上病気が進行しないように止める事だけで、本来の状態に戻す事はほとんど不可能でした。また、その状態になったとしても歯肉は本来の位置よりも低くなってしまうため、歯が長く見えるようになります。

しかし今日では、様々な方法で歯周組織を再生させることが出来る治療法が確立され、世界中で広く応用されるようになりました。

GTR法

GTR法

GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科手術によりプラークや歯石を除去した後に、メンブレンを歯肉の下に一定期間おき、外からの不要な組織が侵入しないように防御します。

その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われていきます。

歯周病で破壊された歯の支持組織は、その原因を除去すれば再生しようとする患者さん自身の再生能力を利用して歯周組織を再生させます。


エムドゲインゲルを使った治療

エムドゲインゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種です。

GTR法との違いとしてはメンブレンを入れずに治療を行う事です。治療期間の短さという点では、エムドゲインゲルを使用した治療法の方が勝っているといえます。