歯科Q&A

抜歯について

抜歯について


知覚過敏とは?
抜歯

歯は抜いてしまうともう戻ってこないので歯の状態がひどく、保存不可能な場合でない限り最善の治療を尽くし保存することに努めます。

ではどのような場合に歯を抜かなければならないのでしょうか。


抜歯するのはどのような歯か?
  • 歯の根が割れてしまった歯
  • 歯周病がひどくなってしまった歯
  • 歯の根に病巣(膿)ができて歯根から膿を出して掃除する治療では病巣が取りきれなくなってしまった歯
  • 歯が異常な位置に生え、その歯が周囲の歯に障害を与えている歯
  • 親知らず(生え方などに問題がある場合が多いため、ほとんどが抜歯したほうがよい)
親知らずを抜歯したほうがいい理由
  • 歯ブラシが当たりにくく、食べかすがたまりやすい。
  • 前の歯も虫歯になりやすく、周囲の歯肉も腫れやすい。
  • きちんと真っ直ぐ生えていても一番奥なので清掃器具がまともに届かないことが多い。
親知らずが横向きに生えている場合
  • 神経を取ることができない。
  • 横向きに生えている親しらずがそれでも生えようとして前の歯を押すと、強烈な痛みが出ることがある。
  • 親しらずが歯を押して歯並びが悪くなる。
埋伏歯の抜歯

埋伏歯とは、歯の発育が完了し、歯が生える時期が過ぎたにもかかわらず、歯が横向きに向いてしまっていたり、親しらずの前の歯に引っかかって生えてこない歯です。

埋伏歯は、正常に生えている歯の抜歯のように直接器具を歯に作用させて抜くことができません。

そのため歯肉を切開して抜歯をする場合が多いです。
複雑なので抜歯に要する時間も通常より少し長くかかります。 抜歯をすることは不安や恐怖心がもちろんあることと思います。

ですが、放置しておくことによって状態が悪化してしまう場合も少なくありません。 当院では医師、スタッフ共々患者様の不安や恐怖心が少しでも和らぐように努めています。

抜歯の際は安心して上前津歯科医院にお越しください。