歯科Q&A

技工物の種類

技工物の種類

ここでは保険と自費の代表的な白い被せ物について簡単にご紹介致します。
詰め物や被せ物について、それぞれ比較したい方はこちらをご覧下さい。

硬質レジン前装冠

値段は約5,000~7,500円(保険適応 3割負担の場合)
硬質レジン前装冠とは、中身は金属(金銀パラジウム合金)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(差し歯)です。

【メリット】
  • 色が歯の色に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので強度が強く、ほとんどの部分に使用できる
  • 保険適用なので安価
【デメリット】
  • 時間が経つと変化する(見た目が悪くなってくる)
  • 裏側から金属が見える ・時間が経つと金属がさびて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性がある
  • 保険適用範囲は、前歯・犬歯のみで、奥歯には適応されない
HJK(硬質レジンジャケット冠の略)

保険診療で、前歯に使用する白いかぶせもので、全体が硬質レジンで作製されている。硬質レジン前装冠が保険導入される以前には良く使われた。現在では小臼歯に使用される場合がある。

メタルボンド

値段は約8~15万円(適用:前歯・臼歯を審美的にし、強度を必要とする症例)
金属フレーム上に陶材を焼きつけたメタルセラミックの補綴物。陶材を使用することにより、磨耗に強く、長期的に安定した状態での使用が可能です。また、審美的にも優れています。

【メリット】
  • 色が天然歯に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
  • 中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの起こる可能性が低くなる
【デメリット】
  • 中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もある
  • 色調はオールセラミックに劣る ・あまりの硬度のために、天然歯をすり減らしてしまう事がある
  • メタルボンドの価格:当医院では支台仮歯込みで90,000円(税別)
  • オールセラミックの価格:当医院では支台仮歯込みで120,000円(税別)