3feature_banner%ef%bc%91

医療費控除

医療費控除とは?

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額(10万円)を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。
※歯科ではほとんどの治療が利用できる制度です。

医療費控除の対象となる費用

•自分自身と生計を一にする家族のために支払った医療費
•その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費
•治療にかかった費用と、入院や通院のための交通費(公共交通機関)

医療費は保険治療、保険外診療共に対象になります。
※一部の成人矯正は対象外の場合もあります

控除を受けるための手続

お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
確定申告の日は、医療費を支払った年の翌年2月16日から3月15日までの1ヶ月間となります。

医療費控除の対象となる金額

次の式で計算した金額です。(注:最高で200万円)
([実際に支払った医療費の合計額] – [保険金などで補填される金額]) – 10万円(※)
※所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

実際は、「医療費控除額×所得税率」で算出された金額が還付されることになります。
所得税率は個人の所得によって異なりますから、詳しくは国税庁のホームページを参照して下さい。

過去の医療費について

医療費控除の申請を忘れてしまった場合や、知らなかった場合などは5年以内まで遡って申請することも可能です。
詳しくは、所轄税務署にお問い合わせください。