上前津歯科医院

マウスピース矯正の気になる費用やその種類と特徴

shutterstock_150281285
歯科矯正をするなら「目立たず」「気軽に」「綺麗に治したい」と思っている方は多いのではないでしょうか。これらの条件を兼ね備えた矯正治療方法には、マウスピース矯正があります。
マウスピース矯正は、大人からでも始められる人気の矯正治療方法です。しかしマウスピース矯正は、歯科医院が取り扱っているマウスピースの種類によって、費用や治療方法が異なります。今回はマウスピース矯正の代表的な種類や費用と特徴についてお伝えします。

1. マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、一般的によく知られている歯に着けるブラケットやワイヤーなどの矯正装置を使わずに、患者様ひとりひとりの為にオーダーメイドで製作される、プラスチック製の透明なマウスピースを使った矯正治療になります。

mouthpiece

この矯正治療は、歯の型を取り製作されたマウスピースを治療の経過に合わせて、新しいマウスピースに取り替えることを何回も繰り返すことにより、気になる歯並びを治していきます。
治療期間中は基本的にマウスピースを日中装着しなければなりませんが、マウスピースは透明なため、一般的に見られるブラケットやワイヤーを使った矯正治療とは違い、目立つ事なく治療を行うことができます。そのため日中働いている大人の方にはお薦めできる矯正治療法です。

2. マウスピース矯正と一般的な矯正の違い

2−1 違いは歯を動かす矯正装置?

マウスピース矯正とブラケットやワイヤーなどを使う一般的な矯正治療の大きな違いは、歯を動かすために使う矯正装置がマウスピースのタイプなのか、そうではないかになります。
どの矯正治療も、まずは矯正相談(カウンセリング)を初めに行うと思います。矯正相談(カウンセリング)は、ほとんどの歯科医院で無料で行なっており、相談(カウンセリング)の段階で、ある程度の費用やマウスピース矯正ができるのか、できないのかを判断することができます。
正確に判断するためには、診断が必要となります。診断を受けるためには、診断料を歯科医院に支払わなければなりません。料金は歯科医院によって異なりますが、約1万5千円から5万円程度かかります。
診断を受けるためには費用が発生しますが、診断を受けることによりどのような矯正治療ができるのかを正確に判断することができ、治療完了を予測した歯並びの模型、または画像データも確認することができ、治療期間や治療回数、治療費などを知ることができます。

shutter
ここまでは、マウスピース矯正も一般的な矯正治療もほとんど違いはありません。違いが出てくるのは実際に治療を始めるところから変わっていきます。
まず治療費についてマウスピース矯正は、一般的な矯正治療と比べてブラケットやワイヤーを必要としないため、基本的には費用を安く抑えることができます。また、マウスピース矯正はコンピューターで無理なく最短期間を
シミュレーションするため、一般的な矯正治療よりも治療期間が短いという特徴があります。
ここまでの話だとマウスピース矯正は万能と思われるかもしれません。しかし、実際はそうではありません。マウスピース矯正にはデメリットもあります。次にマウスピース矯正のメリットとデメリットについてお伝えします。

2−2 マウスピース矯正のメリット

・ 目立たない(マウスピースが透明なため)
・ 取り外しができる(食事や歯みがき時など)
・ 金属アレルギーにならない(装置に金属は使わない)
・ 違和感や痛みが少ない(ワイヤーやブラケットを使用しない)
・ ホワイトニングができる(装置を患者様自身で取り外しできるため)
・ 虫歯治療ができる(マウスピースの種類によっては出来ない場合もある)

2−3 マウスピース矯正のデメリット

・ 取り外しできるが装着時間が長い(マウスピースの種類によって異なる)
・ 症例が限られる(難症例の場合は治療できない場合がある)
・ 装着時間を怠ると矯正治療に影響がでる(マウスピースの種類によって装着時間が決められている)
・ 症例によっては一般的な矯正治療よりも時間がかかる(難症例の場合など)

3. マウスピース矯正の種類と特徴

3−1 アソアライナー

・ 日本製の矯正装置で、型取りまたはスキャンしたデータをその都度コンピューターで測定し作製するため精度が高い
・ 日本で作製しているため、最短で10日後から治療を開始できる
・ 10日毎に、ソフト、ミディアム、ハードと強さを変化させ30日毎に次のステップの新しいマウスピースに変えて治療を行う
・ 1ヶ月毎に歯の型を取るので、途中で虫歯の治療も可能

aso

3−2 インビザライン

・ アメリカ製の矯正装置で、最初に型取りまたはスキャンしたデータをコンピューター上で治療開始から終了までをシミュレーションして、最終までの全てのマウスピースを最初に作製する
・ アメリカにデータを送るため治療を開始するまでに1〜2ヶ月かかる
・ 型取りは基本的に最初だけ行い、最終ステップまで作製されたマウスピースを10日〜2週間毎に交換して治療を行う
・ 1〜3ヶ月に一度来院する必要があり、途中でマウスピースが合わなくなった場合は作り直す必要がある
・ 基本的に途中で虫歯治療したい場合はマウスピースを作り直す必要があるため、先に虫歯治療を終わらせる必要がある

invis

3−3 イークライナー

・ 韓国製の矯正装置で、インビザラインと同様に最初にコンピューターシミュレーションで治療開始から終了までのマウスピースを作製
・ アソアライナーと同様に厚さの違う3種類のマウスピースを7日毎に交換して治療を行う
・ 治療開始までは1〜2ヶ月かかる
・ 基本的に矯正治療中に大きな虫歯などの治療をする場合は作り直す必要がある

ec

3−4 DENマウスピース

・ 日本製のマウスピース
・ 2週間ごとに型を取りマウスピースを交換する必要がある
・ 1日のマウスピースの装着時間が短いため、治療期間が比較的長い

DEN

3−5 オペラグラス

・ 日本製のマウスピース、コンピューターシミュレーションで作製
・ 最短で7日後から治療を開始
・ 1ヶ月に1度型取りをし、1ヶ月に2回来院が必要
・ 噛み合わせが大きくずれている場合などの症例は対応できない

opera

3−6 アクアシステム

・ コンピューターシステムを使用せずに手作業でマウスピースを作製
・ 2〜5週ごとに型を取りマウスピースを交換する必要がある
・ 対応できる症例数は少なくプチ矯正程度

AQUA

3−7 エシックス

・ アクアシステムと同様にコンピューターシステムを使用せずにマウスピースを作製
・ 基本的に来院ごとに型を取りマウスピースを交換する必要がある
・ 1〜2週間ごとの来院が望ましい
・ マウスピースは食事、歯みがき時以外は装着が必要
・ 対応できる症例数は少なくプチ矯正程度

4. 各マウスピース矯正の治療費と装着時間

部分矯正 全体矯正 装着時間
アソアライナー 15万〜 40万〜 17〜20時間
インビザライン 25万〜 40万〜
難症例
75万〜
20〜22時間
イークライナー 15万〜 40万〜 17〜20時間
DENマウスピース 40万〜
難症例
100万〜
8〜10時間
オペラグラス 15万〜 40万〜 20時間〜
アクアシステム 15万〜 20時間〜
エシックス 10万〜 20〜24時間

※各治療費は歯科医院によって異なります
※各治療費は症例によって異なります
※矯正治療も医療費控除の対象になります(詳しくはコチラ

5.最後に

歯科矯正はマウスピース矯正に限らず、色々な矯正治療方法があります。どの治療方法もきっちりと治療を受ければ、綺麗な歯並びを手に入れることができるかもしれません。
しかし、せっかく矯正をするなら「目立ちたくない」と思う方はたくさんいると思います。まずは最寄りの歯科医院で相談し、マウスピース矯正ができるのかどうかを確認してみるのも良いでしょう。

上前津歯科医院の矯正治療の特徴

上前津歯科医院では矯正治療から虫歯治療などのお悩みについて、幅広くお応えさせて頂きます。
患者様一人一人にあった治療方法をご提案し、患者様がご納得された上で治療を進めさせていただきます。

医院案内はこちら

 


このエントリーをはてなブックマークに追加