安心のインプラント治療

安心のインプラント治療

当院で使用しているインプラント

当院で使用しているインプラント
患者さん一人ひとりの歯の状態、顎の骨の状態などを入念に検査し、その人により合ったインプラントを使用するため、当院で使用するインプラントは、世界的に高い評価を受けている、ノーベルバイオケア社製のインプラントを使用しております。

 

インプラントの残存率

1965年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後40年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。
現在、ブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、1983年から85年にかけて治療された報告で、上顎90.0%、下顎92.3%というデータがあります。
また、10年以上のデータでは96%という報告や、5年以上のデータでは98%以上という報告もあります。
一方ブリッジの残存率は60%~70%程度。このことを考えると、いかにインプラントがすばらしい治療法か、お分かりいただけると思います。

▲ ページTOPへ

 

高精度手術のためのCT検査

saf_02
インプラント治療を適切、かつ、精密に行う為には、顎の骨の状態を調べる事が重要です。そこで、当院では治療前に病院で CT撮影 を行うようにお願いしております。
病院でCT撮影を行い、その結果をシンプラント・プロで解析し、顎の状態を見ながら治療計画を立てます。
これにより、より安全で精密で無駄のない治療をすすめる事が出来ます。歯科医院で行うX線写真(レントゲン)は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのには非常に役立ちますが、インプラント治療においては、顎の骨の硬さや形を調べる事が非常に重要になります。
顎の骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置などひとりひとり異なります。CTで撮影した画像からは、顎の病気や神経の位置なども調べる事が出来ます。

 

衛生面への配慮

衛生面への配慮
院内感染の防止や、手術を成功させるために、酸化電位水(EO水)をはじめとする質の高い滅菌システムで感染対策を行い、患者様が安心してインプラント治療を受けられるよう、衛生管理を行なっております。
インプラント治療に際して手術用個室を完備し、患者様ごとのディスポーザブルの手術用ドレープおよび手術着等を使用して、清潔な手術室環境のなかでインプラント治療を行っております。

 

安全で正確なピエゾサージェリー

saf_05
ピエゾーサージェリーとは、骨や歯の周囲にあるやわらかい組織(歯ぐきや粘膜など)を傷つけずに、3次元超音波振動によって硬い組織(歯や骨)だけを削る画期的な治療器具です。
患者さんに不快感を与えず、傷を少なく抑えられ、安全で侵襲が少なく、そして回復が早いというのが最大のメリットです。

 

生体情報モニターで安心

saf_03

高血圧や心臓の疾患を持った患者さんの処置を行う場合に、患者さんの様子や顔色だけでは全身状態を把握できない場合もあります。そこで歯科用生体モニターを使用しています。生体情報モニターを使用することで、インプラント手術中の患者さんの状態を確実に把握することができ、より安全に手術を行なうことができます。

▲ ページTOPへ

 

インプラント治療保証

hosyo
イギリスで信頼のある機関 「ロイズオブロンドン」 などが認定した歯科医の元で治療を受けた患者のみが受けることのできる保証で、インプラント治療を受けインプラント保証に加入していただいた患者様に対し、術後10年間、万が一問題が生じた場合、インプラント保証規約に基づき、責任を持ってインプラントの再治療を行います。当医院のインプラント治療の実績が認められているからこそ、受けられる保証です。インプラントの治療が完了した時点で、患者様宛に「インプラント保証加入書」が発行されます。

下記のような場合、無償でインプラントの再治療を受けることができます。

>インプラント手術完了後、インプラントの瑕疵によりインプラントが折れた。
>インプラント手術完了後、上部構造が破損した。

例)スポーツ中の事故、階段から誤って転落、堅いものを食べて欠けてしまった等。
詳しくは当院へお問い合わせ下さい。