インプラントをお考えの方へ

インプラントをお考えの方へ

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生えかわってきません。
そのため、今までは『入れ歯』などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。
しかし、『入れ歯』だと硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法『インプラント治療』をご紹介いたします。
implant
インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

美しく治したい方へ

前歯のインプラント治療は機能回復させることは、審美的に見た目も天然の歯のように自然にきれいに治療することが重要な要素になります。
より自然な歯に見せるためには、周囲の歯と歯肉との調和が重要になってきます。そのためには、周囲の骨の状態、歯肉の状態、歯の状態をしっかりと把握した上で治療計画を行いインプラントの入れる位置を決定しなければなりません。
また、上部構造(インプラントの歯)の形態に関しても十分な配慮が必要不可欠となってきます。
これらの条件を全て熟知し治療を行ってこそ、口腔内の良好な状態を長期的に保つ審美的なインプラント治療が可能になると言えます。

kirei3

▲ ページTOPへ

少数歯の欠損を治したい方へ

歯を何らかの原因で失ってしまったとき、その部分を補う方法としてブリッジ部分入れ歯、インプラントが考えられます。それぞれの特徴としてブリッジは両サイドの歯を削って被せものを固定して欠損した部分を補う方法、部分入れ歯は周囲の歯にバネで装着し欠損した部分を補う方法、着脱式なので使用後は外して洗う。
インプラントは基本的には周囲の歯をさわることなく単独で欠損した部分に新たな歯を入れる方法です。本来は1本1本歯の役目があるので、ブリッジや部分入れ歯のように、両サイドな歯を削ったり周囲の歯にバネを引っかけたりすることで、欠損を補う為に周囲の歯も弱らせてしまい長期的のみて良好な状態を保つ事は困難であると考えられます。
周囲の歯に負担をかけない設計が可能なインプラントは、口腔内の良好な状態を長期的に保つにはインプラント治療が現在最良な方法だと考えられます。

ブリッジとインプラントの比較

インプラント
・ 噛む際に、削られた歯に負担がかかり痛みやすい。
・ 歯根のない歯茎は噛む事による刺激が無い為、次第にやせてしまう。
・ 健康な歯を利用しないため、自分の歯を保てる。
・ 歯茎に噛む力がかかるので、歯茎を健康に保てる。

部分入れ歯とインプラントの比較

インプラント2
・ 金属のバネをかける健康な歯に負担がかかる 。
・ 常に違和感がある。
・ 金属バネが見えて見栄えがよくない。
・ 金属バネの間に食べ物が詰まりやすく、丁寧に掃除しないと、虫歯や口臭の原因になる。
・ インプラントは時間の経過とともに顎の骨と結合するため、歯を支える力は健康な歯とほとんど変わらない。
・ 単独で処置するので健康な歯をそのまま保てる。
・ 外観も機能も天然の歯と変わらない感覚が得られ、違和感がない。
・ 特別なケアの必要がない。

多くの歯を失った方へ~All-on-4 (オール・オン・フォー)

All-on-4コンセプトとは、現在総入れ歯が装着されている方や歯周病などにより残存する健全歯では十分に咀嚼することが困難な方に対して、少ない本数のインプラントで自分の歯と同じようにしっかり咬める義歯をインプラント上に固定し、咀嚼機能の改善を行う方法です。
従来のインプラント治療では、全ての歯を失ってしまった方には8本から14本のインプラントを埋め込むことが一般的でした。そのため、手術の時間が長くなるだけでなく、費用がかさむデメリットがありました。この、All-on-4は最小で4本のインプラントで人工の歯を支えることができるため、それらのデメリットが大幅に削減できる治療法と考えられます。

⇒All-on-4の症例へ


implant_img01
インプラント埋め入れ時(当院症例)
implant_img02
インプラント埋め入れ時(当院症例)

All-on-4 (オール・オン・フォー)と総入れ歯の比較

All-on-4

総入れ歯

食べ物が挟まって痛むことがない。
arrow2 食べ物が挟まって痛む。
安心して硬いものも食べることができる。
arrow2 硬いものを食べるときに躊躇してしまう。
発語・発音が正確にできる。
arrow2 入れ歯が動いて発音しにくく、会話を
するのが億劫になる。
取り外す必要がなく、外出が楽しくなる。
arrow2 毎日の衛星管理が大変で、旅行などが
できない。

その他のメリット

    • 埋め込むインプラントの本数が少ないため、仮歯の装着まで1日で行うことが可能

  • しっかり噛めるため、顎の変形が少なく、若々しい顔つきを維持できる

 

All-on-4 (オール・オン・フォー)術式解説

all_01
(1)顎の中央にドリルを使用し、深さ10mmまで形成する。
中央の穴に、All-on-4ガイドを装着する。
このガイドにより、インプラント埋入位置や形成の角度が判りやすくなり、同時に舌を守る役目をする。
all_02
(2)ドリルを使用し、適切な深さを形成していく。傾斜角度は最大45度。方向指示棒で、正しい角度であるか確認する。
all_03
(3)骨の密度に応じて部位を拡大し、インプラントを埋入する。角度付アバットメントを装着する。反対側の臼歯部も、同様に施術する。
all_04
(4)前歯部2箇所を形成し、インプラントを埋入する。アバットメントを装着する。
all_05
(5)縫合後、歯の型取りをする。
all_06
(6)出来上がった補綴物を、スクリューで固定する。その後、すぐに物を食べることができる。
all_07
7)All-on-4は、上顎でも下顎でも適応できます。

▲ ページTOPへ

歯周病とインプラント

健康な口腔環境の場合はインプラントの周囲も健康な歯ぐきを保てます。
しかし、インプラント治療を必要とする方は歯周病にかかっているケースが多く、その状態でインプラント治療を行なっても、インプラントの周囲に歯周病原菌が入り込み、インプラント周囲炎という病気になることがあり、インプラント治療は失敗してしまいます。ですから、インプラント治療を受ける際には、歯科医院で歯周病のチェックや治療を受け、日頃からきちんとした歯磨きを心がけましょう。
もちろん、残っているご自分の歯を少しでも長く使っていくためにも、日頃の清掃は最重要ポイントです!
01

▲ ページTOPへ

骨不足の方への治療法

骨の少ない、そのままではインプラントを埋めることのできない患者様には、骨の移植、再生術を応用することでこれまで困難とされている部位においてもインプラント治療を可能とすることができます。
骨の移植術と一口に言っても症例に応じて様々な種類があります。当院では、骨量や骨幅、骨の高さが足りない部位においてはGBR法やスプリットクレフト法、上顎において副鼻腔(上顎洞)までの骨の高さが足りない部位にはサイナスリフトやソケットリフトを行い、骨質が柔らかい部位においてはオステオトーム(骨を圧接して骨質を固くする方法)等のテクニックを併用してインプラント治療を行います。
足りない骨の量によって、移植する骨も、軽度~中程度までの量であればお口の中の顎から採取することができます。重度に骨の足りない場合には、生体に安全な人工の骨を用いて対応します。
いずれにしてもレントゲン写真やCTデータを用いてしっかりと診断した上で適応症に応じた効果的な治療法を選択して治療を進めていきます。

⇒骨不足の方の症例へ

ソケットリフト

上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。

⇒ソケットリフトの治療例をご覧になる方はコチラ

so_01
(1)骨が薄い状態
so_02
(2)器具が入るように骨を形成する。
so_03
(3)上顎洞の粘膜に傷つけないように押し上げる。
(当医院ではピエゾサージェリーを使用して行う)
so_04
(4)さらに代用骨又は自家骨を填入しながら押し上げる。
so_05
(5)押し上げたスペースにインプラントを埋入し固定する。
so_06
(6)治癒期間を待つ

サイナスリフト

上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。

⇒サイナスリフトの治療例をご覧になる方はコチラ

sa_01
(1)骨が薄くインプラントができない。
sa_02
(2)口腔内頬の粘膜よりアクセスする。
sa_03
(3)上顎洞の粘膜に傷つけないように押し上げる。
(当医院ではピエゾサージェリーを使用して行う)
sa_04
(4)代用骨又は自家骨を填入しながら押し上げる。
sa_05
(5)治癒期間を待つ。
sa_07
(6)骨が薄い状態出来た骨にインプラントを埋入する。
または、サイナスリフトと同日にインプラントを埋入する。

GBR

骨の足りない場合に、骨を足して増やす方法です。

⇒GBRの治療例をご覧になる方はコチラ

gb_01
(1)欠けたように骨が足りない。
gb_02
(2)歯肉を開け骨にアクセスし骨面を整える。
gb_03
(3)代用骨又は自家骨を填入し縫合する。
gb_04
(4)治癒期間を待つ。
gb_05
(5)出来た骨にインプラントホールを形成する。
gb_06
(6)インプラントを埋入する。または、GBRと同日にインプラントを埋入する。

スプリットクレスト

骨が細い場合に、隙間を開きながらインプラントを埋め込む方法です。

su_01
(1)骨が細くインプラントができない。
su_02
(2)歯肉を開け骨にアクセスし骨面を整える。
su_03
(3)骨の間に切れ目を入れ、骨を広げる。
su_04
(4)広げた骨の間隙に代用骨又は自家骨を填入し縫合する。
su_05
(5)治癒期間を待つ。
su_07
6)出来た骨にインプラントを埋入する。または、スプリットクレフトと同日にインプラントを埋入する。

▲ ページTOPへ