3feature_banner

3つの特徴

最新技術の習得とご提供

saishin1

海外研修1

全顎インプラント治療の代表的な方法「All-on-4」の生みの親であるDr.Malo Clinic での研修です。

saishin2

海外研修2

世界屈指の審美歯科医であるDr.Inaki とスペインにあるInaki Gamborena Clinicにて。

saishin3

修了証

国内外問わず様々な研修に参加しています。全ては患者様に高品質の治療を提供するためです。


saishin4

マイクロスコープ

人間の裸眼では見る事ができない領域をマイクロスコープで診査・診断を行い、高精度の治療をご提供させていただきます。

saishin5

炭酸ガスレーザー

歯牙や口腔内の軟組織さらには骨などの治療を目的としたレーザーです。感じる痛みを少なく、かつ出血を抑えた治療が可能です。

saishin6

CT

通常のレントゲンでは見る事のできない骨の厚みや顎の内部構造を3次元で診断し、より確実な治療をご提供します。


プライベート空間での治療

pri1

特別診療室

KaVo社(ドイツ本社)のチェアーを使用。 外からのあたたかい日差しが差し込む診療室で、完全なプライベート個室なので、人目を気にせず安心して過ごして頂けます。

pri2

特別メインテナンス室

予防やメインテナンス専用のお部屋になります。完全なプライベート個室なので、人目を気にせず安心して過ごして頂けます。ブラインドを開けば外からのあたたかい日差しが差し込みます。

pri3

オペ室

インプラントなどの手術を伴う治療の際使用いたします。より安心して治療をお受けいただけるよう衛生面にも配慮した診療室です。


pri4

一般診療チェア

ポルシェデザインのチェアーです。デザインはもちろんのこと、快適さも兼ね備えています。 シートには低反発素材を採用。患者さんの身体を自然に受け止めて包み込むようにホールドします。こちらは半個室のパーテーションで仕切っています。

pri5

個別診療室通路

特別メインテナンス室、特別診療室、オペ室へご案内致します。

pri6

個別待合室

個室感覚で、まわりを気にすることなく安心してお過ごし頂けます。


院内ラボの設置

giko1

歯科技工士

当院では患者様にご安心頂けるように、院内ラボを設置しております。歯科技工士が患者様の一人一人にあった詰め物、被せ物を製作しております。

giko2

歯科技工ファーネス

オールセラミック冠などの仕上げの際、鋳造するときに使用する機材です。

giko3

3D技工製作機

技工所内には3D光学カメラでスキャンすることで、そのデータをもとにコンピューター上で設計し、ミリングマシンが自動的に歯を削り出す機械もあります。


giko4

デジタル咬合測定器

超音波測定によるデジタル式顎運動計測装置です。難しいとされている「正しい噛み合わせの採得」を科学的に解析し、「噛みたい位置に噛ませる治療」を実現するために、歯科診療に求められる的確かつ素早い診断が可能な装置です。

giko5

オールセラミック冠1

前歯6本全てオールセラミックになります。他の歯と見分けつかない程自然に見えます。※名古屋セラミックファクトリーで作成したものです。