歯科口腔外科

歯軋りについて

歯軋りについて
Dentalsurgery

歯軋りとはグラインディングともいい、寝ている間に無意識に上下の歯をこすり合わせて「カリカリ」「ギリギリ」などと音を出すことをいいます。
その他、上下の歯をカチカチと小刻みに接触させるタッピング、グっと力をいれて食いしばるクレンチングなどと合わせて「ブラキシズム」と総称されていますが、日本ではこれらを含めて歯軋りといわれています。

家族など周囲の人に指摘されて初めて気づくことも多く、単なる悪い癖のように捉えられていますが、実は歯や歯周組織にとって非常に大きな負荷がかかり、組織が破壊されていきます。このため、ブラキシズムを止めることが必要です。

当院ではブラキシズムの治療を総合的に行っておりますので、お気軽にご相談ください。


ブラシズムが歯に与える悪影響について

  1. 歯が削れたり、折れやすくなる 普段の食事で上下の歯にかかる力はそれほど強くありません。しかし、睡眠中など無意識下で起こるブラキシズムは、1点に自分の体重〜それ以上の力がかかるといわれています。これにより、上下の歯がすり減って削れたり、折れたりするリスクが高まります。
  2. 象牙質が露出し、知覚過敏になりやすい 上下の歯をこすり合わせることで歯のエナメル質が破壊されていくと、象牙質が露出し、知覚過敏になりやすくなります。
  3. 歯周病が悪化しやすい すでに歯周病にかかっている場合、ブラキシズムによって歯槽骨などの歯周組織に破壊的な力がかかり、歯槽骨の吸収が進んでさらに歯周病が悪化してしまいます。これを「咬合性外傷」と呼んでいます。
  4. セラミックなどの人工歯が割れやすくなる セラミックの詰め物や被せ物がある場合、ブラキシズムによって破壊的な力がかかるため、非常に割れやすくなります。
  5. 顎関節症が悪化しやすい ブラキシズムにより顎の関節や筋肉に過剰な負担がかかり、痛みを生じたり、口が開きにくくなるなど、顎関節症が悪化する可能性が高まります。

ブラキシズムの治療について

当院では以下のようなブラキシズムの治療を行っております。お気軽にご相談ください。

  1. スプリント療法

    スプリントと呼ばれるマウスピースを自分の歯型に合うようにオーダーメイドで作成し、就寝時に装着します。 ブラキシズム時に上下の歯が物理的に接触することを防ぎ、歯にかかる負担を軽減してくれる効果があります。 また、顎関節や筋肉にかかる負担を和らげ、かみ合わせの適切化も図ります。

  2. かみ合わせの調整

    詰め物・被せ物などの人工歯や天然歯で上下の歯がうまくかみ合っていない場合、かむ力が均等に分散するように調整を行います。

  3. 認知行動療法

    ブラキシズムの習慣は無意識に行っている事がほとんどです。ブラキシズムをする習慣を自ら認知し自覚することで、意識的に行わないようにします。
    日常で以下のような習慣・癖がないかチェックしてみてください。
    ・食事の際、片側の歯だけで噛む
    ・ギリギリと上下の歯を動かしたり、グッと食いしばる癖
    ・仕事中など、長時間猫背でPC作業を行っている
    ・横向きに寝る
    ・頬杖をつく
    ・枕の高さが合っていない