歯周病

歯周外科治療について

歯周外科治療について
Perio

歯周外科治療とは、歯周病が進行しており、従来のプラークコントロールやスケーリング、ルートプレーニングなどで歯ぐきの状態が改善しない場合に行われる治療です。

当院では、進行した歯周病の方に対し、患者様一人一人の状態を精密に検査した上で、歯周ポケット除去術の他、GTR法、エムドゲインなどの最新の歯周外科治療を行っております。

手術は外科処置に熟練した歯科医師が担当し、術後も定期的なメンテナンスを行い、患者様にあわせたホームケアのご指導・ご説明を行っております。

歯周外科治療の種類

  1. 歯周ポケット除去術(フラップオペ)
    歯周ポケットが6mm以上と歯周病が重度の場合に行います。 通常のスケーリング、ルートプレーニングでは器具が歯周ポケット深くまで届かないため、局所麻酔下で歯ぐきを切開し、歯石や炎症部分を除去します。 従来から多く用いられている一般的な手術法です。
  2. GTR法
    歯周病によって失われた歯槽骨(歯を支える骨)を再生させる方法です。
    GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科手術によりプラークや歯石を除去した後に、メンブレンを歯肉の下に一定期間おき、外からの不要な組織が侵入しないように防御します。
    その後、ある期間を経過してメンブレンを取り除きます。すると歯は新しく再生した組織で覆われていきます。
    歯周病で破壊された歯の支持組織は、その原因を除去すれば再生しようとする患者さん自身の再生能力を利用して歯周組織を再生させます。
    従来の歯周病治療では、治癒の過程で歯肉が骨の隙間に侵入し、歯槽骨の再生が不可能でした。
    GTR法によって、特殊なメンブレンという膜を使用することにより、歯槽骨が再生するためのスペースを確保し、失われた歯槽骨を再生できるようになりました。
    術式としては、局所麻酔下で歯ぐきを切開し、歯石や炎症部分を除去後、特殊なメンブレンを使い保護します。その後、歯ぐきを元の状態に戻し回復を待ちます。数ヶ月後、歯槽骨が再生しつつあるのが確認できます。 GTR法が適応できるかケースかどうかは、担当の歯科医師にお気軽にお問い合わせください。
  3. エムドゲイン
    エムドゲインとは、骨の再生を促進させる特殊なタンパク質を使った、最新の歯周組織再生治療法です。
    エムドゲインゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種です。
    GTR法との違いとしてはメンブレンを入れずに治療を行う事です。治療期間の短さという点では、エムドゲインゲルを使用した治療法の方が勝っているといえます。
    GTR法では失われた歯槽骨を再生するために特殊なメンブレンを用いますが、その代わりにエムドゲインと呼ばれる歯周組織再生誘導材料を用います。
    エムドゲインは、スウェーデンのビオラ社で開発された、現在最も新しく信頼できる歯周組織再生誘導材料です。主な成分は、子供の頃に歯が生える際に大切な働きをするタンパク質の1つです。
    エムドゲインが開発されてから約25年の実績があり、世界40カ国、100万人以上に使用され、その有用性が多数の論文でエビデンスとして報告されています。日本でも厚生労働省の承認がされており、副作用の報告がゼロとその安全性も確立されています。
    術式は、局所麻酔下で歯ぐきを切開し、歯石や炎症部分を除去後、エムドゲインゲルを塗布し、縫合して回復を待ちます。数ヶ月後、歯槽骨が再生し始めているのが確認できます。 エムドゲインが適応できるケースかどうかは、担当の歯科医師にお気軽にお問い合わせください。