歯周病

歯周病の原因について

歯周病の原因について
Perio

歯の清掃が不十分であったり、かぶせ物と歯との間に隙間があって歯の清掃ができない場合などに歯の表面にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊のようなものが歯の表面吸着してきます。このプラークの中で歯周病の原因となる細菌が活動し始めるのです。まずプラークにより歯肉に炎症が起きます。この時には歯を支えている歯槽骨にはまだ影響は出ていません。

この状態を歯肉炎といいます。

歯肉炎のままでプラークが付いたままになっていると細菌の活動によりプラークは唾液の中のカルシウムと反応して石のように固まってきます。これが歯石です。歯石がついているとその上にプラークがさらに増え、歯と歯肉が結合している部分や歯槽骨を破壊して歯と歯肉の間に歯周ポケットという深い溝を作ります。

このような状態を歯周炎といいます。

そしてその歯周ポケットの中にプラークが入り込んで歯周組織を破壊し、ポケットはさらに深くなり、そこへまたプラークが入り込んで悪循環を繰り返し歯周組織の破壊は進み、歯の支えである歯槽骨が溶けてしまい最終的には歯がぐらぐらになって噛めなくなり抜歯しなければならなくなってしまいます。  
その他の歯周病の進行を早める要因として、かみ合わせのバランスが悪い場合や歯ぎしりなどの咬合性外傷と呼ばれるものや糖尿病等の全身疾患、また喫煙などが挙げられます。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

歯周病の原因について

お口の中には約300〜500種類の細菌が住んでいるといわれています。
その中で、歯磨きを怠ったり糖分を多く摂取したりすると、細菌が繁殖し、ネバネバとした物質を作り出します。これを「歯垢(プラーク)」といいます。

歯垢(プラーク)1mgの中には約10億個の細菌が住み着いており、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因になります。これらの中でも、多くの研究によれば
A.actinomycetemcomitans菌、P.gingivalis菌、P.intermedia菌など数種類の細菌に強い関連性があると報告されています。

これらの歯垢(プラーク)内の細菌は、歯や歯ぐきの中でお互いにくっつきあい「バイオフィルム」という状態になって存在しており、歯と歯ぐきの境目にある「歯周ポケット」内で毒素を作り出します。

この毒素や細菌の存在自体に反応して、血液中にある白血球やリンパ球などが歯周組織に集まり始め、そこで細菌とせめぎあう戦いが始まります。 その結果、歯周組織で炎症が起き、歯ぐきが腫れたり、出血したり、骨が吸収されて溶けるなどの症状がでてきます。

つまり、細菌と体の免疫力との間で戦いが繰り広げられており、そのバランスがくずれて細菌が有利になったときに病状が進行していくのです。

歯周病を発症・進行させるリスク

歯槽膿漏の原因は歯垢(プラーク)に存在する細菌であり、体の免疫力が落ちたときに発症・進行していきます。そのため、細菌が繁殖しやすい「お口の環境」があり、「生活習慣」が乱れて体の免疫力が落ちていると、歯槽膿漏が発症・進行しやすくなるのです。

お口の環境のリスクファクター

お口の環境には以下のようなリスクファクター(危険因子)があります。

  1. 歯石
    歯石は、歯垢(プラーク)が唾液中のカルシウムやリン酸などと反応して硬く沈着したものです。
    歯石が存在していると、さらに歯垢(プラーク)が沈着しやすくなるため、歯槽膿漏のリスクファクターとなります。
  2. 不適合なクラウン(冠)
    歯にフィットしていないクラウン(冠)があると、周りに歯垢(プラーク)が沈着しやすくなります。そのため、古いクラウンなどがないか定期的に歯科医師にチェックを受けることをお勧めします。
  3. 歯並び
    歯並びが悪いと、歯磨きで的確に歯垢(プラーク)を除去することができないため、炎症が起こりやすくなります。
  4. 口呼吸
    口呼吸をしていると、口の中が乾燥して唾液の量が減少するため、歯垢(プラーク)がつきやすくなります。
  5. 歯ぎしり・食いしばり
    歯ぎしりや食いしばりをしている時には、通常よりも非常に大きな力が歯にかかっています。これを「外傷性咬合」といい、歯槽膿漏が悪化しやすくなります。

生活習慣のリスクファクター

  1. 喫煙の習慣
    喫煙をすると、血管が収縮して歯ぐきの血行が悪くなります。その結果、細菌に対する白血球・リンパ球が集まりにくくなり、体の免疫力が下がりやすくなります。
  2. ストレス
    仕事や家庭でのストレスがたまっていると、歯磨き、喫煙、食生活などの習慣に悪影響を及ぼすだけでなく、体の免疫力自体が低下し、歯槽膿漏が悪化しやすくなります。
  3. 食生活
    やわらかいものや甘いものは歯によくつきやすいため、歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。また、あまり噛まずに食べる習慣は唾液の分泌が減少し、細菌への抵抗力が低下します。
    食事の時間が不規則だったり、栄養が偏っていたりすることも免疫力が低下するリスクファクターとなります。
  4. 糖尿病
    糖尿病になると、細菌に対する免疫力が低下し、歯槽膿漏が悪化しやすいという多くの研究結果があります。また、歯槽膿漏の治療と血糖値の改善との関連性が明らかになってきています。