インレー(詰め物)の種類

インレー(詰め物)の種類

虫歯を削った後に詰めるものには、いくつか種類があります。
素材の性質や、審美性、経済性をよく理解して頂き、最適な物をお選びください。

パラジュウム(銀歯)インレー 保険適用

長所:
  • ◯保険が適用できる
短所:
  • ×見た目が悪い(口の中で黒く見える)
  • ×時間が経つと金属が錆びて、歯や歯茎へ影響を及ぼす場合がある
保険 耐久性 審美性
★★

ゴールド(金歯)インレー ¥40,000+消費税

長所:
  • ◯咬合が良い
  • ◯金属アレルギーになりにくい
短所:
  • ×色が目立つ
保険 耐久性 審美性
× ★★★★★

ハイブリッドセラミックインレー ¥30,000+消費税

長所:
  • ◯色が白く目立たない
  • ◯硬さが天然の歯に近い
  • ◯金属アレルギーにならない
短所:
  • ×オールセラミックと比べると耐久性は低い
  • ×変色する場合がある
保険 耐久性 審美性
× ★★★ ★★★

オールセラミックインレー ¥50,000+消費税

長所:
  • ◯天然歯に近い色を出せる
  • ◯汚れが付きにくく清潔感である
  • ◯金属アレルギーにならない
短所:
  • ×強度的に天然の歯に比べると硬い
  • ×かみ合わせが強い場合にまれに割れる場合がある
保険 耐久性 審美性
× ★★★★★ ★★★★★

変色がなく、耐久性の高い詰め物(セラミックインレー)についてはこちらから。