インレー治療

詰め物(インレー)の治療

虫歯イメージ

インレーとは、口腔内に装着する詰め物のことです。インレーには、保険適応の金属製のものと適応外のセラミック製のものがあります。インレー治療は主に臼歯の治療に行います。小~中程度の虫歯になってしまったところを除去し、そこにインレーを入れることによって治療する方法です。
・インレー(詰め物)の種類についてはこちらから


詰め物(インレー)の治療:治療期間(2日)

1.虫歯の除去(1日目)

表面に見えている虫歯から、深い所まで広がった虫歯を除去し、詰め物を入れるために形を整えます。詰め物の形は種類によって異なります。

c2
矢印
c22

2.型取り・仮詰め(1日目)

正確な詰め物を作製するために、虫歯を除去し形を整えた歯と、その反対側の歯の型取りを行います。次回の詰め物が入るまで、削った所に仮詰めを行います。詰め物の出来上がりは種類によって異なります。(約1~2週間)

imp

インレー治療1日目終了

※1日目治療終了後の注意※

・治療をした歯には仮ふたが入っています。治療後30分はお食事を控えて下さい。ガムなどの粘着性のある食品は治療期間中お控え下さい。もし外れてしまった場合はご連絡ください。

・麻酔が2時間位効いています。お食事の際などには、やけどや頬を噛まないようにお気をつけください。

・虫歯により歯を削ると、歯の神経に近くなるためにしみやすくなります。また、噛んでお痛みがある事もあります。決して虫歯をとり残しているわけではありませんが、お痛みが続く時は我慢なさらずにご連絡ください。

・次回は、詰め物(インレー)をセットする予定です。


3.詰め物の装着(2日目)

約1~2週間後に出来上がった詰め物を、お口の中に装着します。形や噛み合わせに問題がないかを確認しながら丁寧に調整をし、装着します。虫歯を除去し綺麗に治すことができました。

metalinceramicin

インレー治療終了

詰め物(インレー)の治療後の注意

・装着後30分はお食事を控えてください。

・装着した当日は、かみ合わせが高い・きついなどの違和感があります。
1週間位で慣れますが、気になる場合は調整を行いますのでご連絡下さい。

・虫歯が深かった場合は、装着後にお痛み(しみる・噛んだ時の痛み)が出ることがあります。通常は我慢できる範囲の痛みで、1週間位でおさまりますが、痛みが強い場合または続く場合は、我慢なさらずにご連絡ください。

・虫歯により歯を削ると、歯の神経に近くなるためにしみやすくなります。決して虫歯をとり残しているわけではありません。
銀歯の場合は金属製のため熱が伝わり易く、しみやすい傾向にあります。

・1ヶ月経過後も強くしみたり、噛むと痛みのある場合は、当院へご連絡ください