歯周病

歯周病を歯磨きで予防する

歯周病を歯磨きで予防する
Perio

歯周病(歯槽膿漏)は、不十分なブラッシングにより歯や歯ぐきの中に歯垢(プラーク)がたまり、細菌が繁殖して炎症を起こすことによって起こる感染症です。

このため、歯槽膿漏の発症・進行を予防するためには自宅での毎日のブラッシングが重要になってきます。

一人一人によって歯並び、かみ合わせや銀歯の有無などお口の状態が違うため、歯科医師や歯科衛生士から適切なブラッシングのアドバイスを受ける事が大切です。

ここでは、代表的なブラッシングの方法をご紹介します。

代表的な歯磨きの方法

  • バス法
    歯と歯ぐきの境目に対して、歯ブラシの毛先を斜め45度にあてて、左右に振動するように磨く方法です。歯ブラシを強く握ると力を入れすぎて歯ぐきが削れてしまうため、鉛筆を持つようにペングリップで持つようにします。
    歯ぐきのマッサージ効果が高く、歯槽膿漏に効果的といわれています。
  • スクラッビング法
    歯に対して歯ブラシの毛先を直角にあてて、左右に細かく振動するように磨く方法です。バス法と違うのは毛先の角度(90度)です。大きく動かすと毛先が寝てしまうため、毛先を立てたまま細かく動かすのがコツです。
  • ローリング法
    歯ブラシの毛の脇腹部分を歯ぐきにあて、かみ合わせの面に向かって回転させるように磨く方法です。歯槽膿漏には比較的効果がありますが、虫歯にはあまり効果がないため、最近はあまり勧められていません。
  • フォーンズ法
    歯に歯ブラシの毛先をあて、円を描くように歯ブラシを動かしながら磨く方法です。歯の表面にある歯垢を効率的に取り除くことができますが、歯と歯の間の隙間や歯ぐきとの境目部分は磨き残しやすくなるので、他の方法と組み合わせた方がよいでしょう。
  • 縦磨き
    歯ブラシを縦に向けて、歯ブラシのつま先だけを使って磨く方法です。歯と歯の間や前歯の裏など、細かい部分をしっかりと磨けるので、他の方法と組み合わせることをおすすめします。
  • つまようじ法
    歯ブラシの毛先を歯の先端に向けながら歯と歯茎の境目にあて、毛先で突っつくように歯と歯の間に毛先を何度も出し入れする方法です。 通常の歯ブラシでは毛先が隙間に入らないため、毛先が極細で2列タイプの歯ブラシが適しています。
    慣れるまでに熟練が必要ですが、もともと歯槽膿漏予防のために開発された磨き方のため、続けていると歯ぐきの出血がとまり引き締まりやすくなります。

歯周病予防に効果的な歯磨きのタイミング

歯垢(プラーク)は糖分の摂取や唾液の分泌などに影響を受けています。
そのため、歯垢がつきやすいタイミングでブラッシングをすることが歯槽膿漏を予防するコツです。

  • 夜寝る前
    寝ている間は、唾液の分泌が減少しています。このため、寝ている間は細菌が繁殖しやすくなり、歯槽膿漏や虫歯が進行しやすくなっています。 少しでも細菌の繁殖を抑える為に、就寝前には念入りにブラッシングをすることが必要です。
  • 起床時
    寝ている間に細菌が繁殖し、歯垢が形成され口の中がネバネバしています。 これらを除去するために朝起きたときは必ずブラッシングをしましょう。 食事をすると細菌も一緒に飲み込んでしまうので、できれば朝食前のブラッシングが望ましいです。