審美歯科

適度な強度のハイブリッドインレー

適度な粘り強さで周囲の歯を傷つけないハイブリッドインレー
Esthetic Dentisty

ハイブリッドインレー とは、70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ているハイブリッドセラミックスで作られたインレー(詰め物)の事です。
保険治療のきくレジン(合成樹脂)とセラミックのちょうど中間の素材です。インレーとは、歯の治療の際に、虫歯を削って穴の開いた部分にはめ込む詰め物の事です。


審美歯科イメージ4

従来よく使われていた金属のインレーは、強度があるため割れにくいのですが、長期的な使用によって変形して、歯との間にできた隙間に虫歯が出来る可能性がありました。しかしその反面、衝撃に強く割れにくく、インレーを入れている歯が擦り減った場合にも、金 属特有の伸びの性質から辺縁が自然に伸びて密着するので適応性が高いなど、いい面もありました。
昔インレーに使われていた金属は、アマルガムですが今では水銀の害の問題から日本では使われなくなっています。その後は、金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金などが使われていきましたが、ニッケルクロム合金も金属アレルギーを引き起こす可能性があるためあまり使われなくなりました。
こうした問題もあって、長年使われてきた金属のインレーに代わって使われるようになったのが、レジン、セラミック、ハイブリッドの白色の材料です。

ハイブリットインレーはセラミック同様に保険外診療になるので、保険の詰め物と比べる とやはり高くなりますが、セラミックと比べれば安い費用で入れる事ができます。また、保険の詰め物と比べて唾液の吸収が少ないため、長期間の使用でも変色が少ないのもメリットですし、適度な硬さなので対合歯に対しても優しい素材です。

金属とセラミック、ハイブリッドは、それぞれまったく性質の異なる素材なので、単純に強度だけを比較したりできませんが、ハイブリッドの場合、金属のインレーに比べると耐久性はやや劣ります。また、セラミックインレーと比べて、透明感はやや劣りますが、見た目ではほとんど変わらない程度の違いです。
ハイブリッドインレーはセラミックほど硬くなく、適度な粘り強さを兼ね備えているので、噛む力の強い奥歯の詰め物にはもっとも適している素材です。


審美歯科イメージ3

ハイブリッドのインレーは、形や色がとても自然なので、見た目にも違和感がなく、それと同時に周囲の歯に対してもダメージを与えないですみます。時間の経過とともに、わずかに変色してきますが、治療費が安いので気になるようでしたら、再度、やり直す事もで きます。今までの銀歯などをハイブリッドインレーで詰め直せば、見た目にも本物と区別がつかないほど白く、大きく口を開けてもきれいな歯に見えるので、とてもいい印象に なります。材質がセラミックとプラスチックなのでセラミックより多少割れにくいという程度ですが、硬すぎず周囲の歯を痛める事はありません。

一般的な治療法は、麻酔をした上で金属の詰め物などをしている場合にはこれを取り除き、そうでない場合には虫歯になっている歯の治療を行った上で、インレーを入れるために最適な形に歯を削って成形します。次に、インレーをつくるために歯の型を採ります。
この際、型は、インレー、治療部分とかみ合う相手の歯、かみ合わせの3つの型を採ります。
その後、パラフィンワックスと呼ばれるシートを使って、インレー治療部のかみ合わせの型を採ります。同様に、金属のトレーに型採り用の素材の入ったものを使って、インレーの型を採ります。

今度は、インレーの色を決めるためのシェードテイキングと呼ばれる色合わせを行います。
これでインレーをつくる準備がすべて終わりです。
あとは一週間ほど待てばインレーが出来上がってくるので、仮の詰め物を外してインレーを入れれば治療が終わります。