審美歯科

自然な歯の美しさを創るセラミッククラウン

安全性が高く自然な歯の美しさを創るセラミッククラウン
Esthetic Dentisty

セラミッククラウンとは、治療の必要な歯にセラミックの冠を被せる治療法のことです。治療する歯の冠を作って歯に被せるため、歯の形や色、大きさが自由に決められるメリットがあります。また、自然な色を出せるため治療跡が目立たず、治療した事すら気づかれないので、とても人気のある治療法です。
またセラミッククラウンは、遺伝などの先天的要因や抗生物質で歯が変色してしまい、一般のホワイトニングでは治療できない場合や、歯の表面を覆うエナメル質が少なくて下の柔らかな部分が露出するなどしていてラミネートベニア法では治療できない場合に、このセラミッククラウン治療法を用いて治療しています。

審美歯科イメージ3

セラミッククラウンの具体的な治療法としては、歯の表面を少し削って、そこにセラミックスの歯を装着するというものです。
そのためセラミッククラウン治療は、変色した歯の治療などに効果のある治療法として知られていますが、デメリットとしては、歯をある程度削って冠を被せなければならないため、薄く削るだけで済むラミネートベニア法と比べると、削る歯の量が多くなるという点があげられます。
セラミッククラウンの場合、歯を削って冠を被せるので、治療時間は1本を治療するのに1回約1時間で4回程度の通院が一般的です。

セラミッククラウンには、オールセラミッククラウンといって金属を全く使用しない治療法と、メタルボンドという裏側に金属を設置する治療法の2種類があります。
少し前まで、オールセラミッククラウン治療の場合、神経の残っている歯にしか行えなかったのですが、最近ではいい接着剤があるのでどのような状態の歯でも治療する事ができるようになっています。

審美歯科治療の中でも、セラミッククラウンが非常に人気があるのは、生体との親和性がありとても安全性の高い治療だからです。セラミックを歯に被せるだけでし、人骨もセラミックで出来ているので生体との親和性もとても高い治療材を使っているのも安心につながっているのです素材がセラミックだから、金属アレルギーのアレルギー患者さんやアトピー皮膚炎患者さんにも安心して治療を受けていただく事ができるのです。実際に、金属アレルギーでアトピー性皮膚炎を発症していた患者さんが、セラミッククラウンに替えて完治したという症例も数多くあります。

ここまででお分かりいただいたように、セラミッククラウンはとても人気のある治療法ですが、保険の適用される治療と適用されない治療があるのですが、実際には保険の適用されない自費治療のセラミッククラウンの方が人気があるのです。
保険適用のセラミッククラウンの料金は1本数千円ですが、保険が適用されないセラミッククラウンの料金は、10万円前後とかなり高額になります。保険が適応されるセラミッククラウンの場合は、費用は安いのですが、時間が経つと変色しやすいといったデメリットがあります。逆に、保険が適用されない自費治療のセラミッククラウンは、費用は高いのですが時間が経っても変色しないので審美的に優れている点が人気を集めています。

どちらの場合も、セラミッククラウン治療法は、自然な歯の感じを損なわずにとてもきれいに仕上がるのでとても人気があります。

セラミックはダイレクトボンディングで使われている素材よりも高価ですが、人工歯としてもっとも高品質です。
ダイレクトボンディングの場合は、歯の表面に直接プラスチックなどの補修材を盛りつけて、損傷した歯の形状と色を修復するものです。これはホワイトニングなどの歯を白くする技術とは違って、損傷した歯を修復する技術といえます。
しかし、ホワイトニングもダイレクトボンディングも美しい歯を求める技術のひとつなのです。
ダイレクトボンディングのように修復不可能なくらいに損傷した歯を治療できるのもセラミッククラウン治療になります。歯の損傷が大きく、一見使い物にならない状態でも、歯の根にあたる歯根が無事であればそれを土台にして上からセラミック製の歯を被せてしまうのです。
もともとある歯根を活かして歯茎に固定されているので、とても安定性があるのも特徴のひとつです。