審美歯科

短期間で前歯の歯並びをきれいにする矯正

短期間で前歯の歯並びをきれいにするなら補綴矯正(クイック矯正)
Esthetic Dentisty

審美歯科イメージ3

「短期間で前歯の歯並びをきれいにしたい」「2~3本だけ歯並びが気になる」という人に最適な矯正治療が補綴矯正(ほてつきょうせい)です。
補綴矯正というのは、悪い歯並びの人の治療方法のひとつで、歯根を動かさずに、セラミックでつくった人口歯を歯の上から被せるなどして歯並びを改善する方法です。
歯並びの悪い歯を削って、きれいな歯並びになるように成形したセラミックの人工歯を被せたり、貼りつけたりする治療法で、短期間で歯並びをきれいに整える事ができます。
一般に、人工歯に使用される材料名から「セラミック矯正」と呼ばれたり、短期間で歯並びをきれいにできるという特徴から「クイック矯正」と呼ばれています。

「クイック矯正(セラミック矯正)」は、セラミックの冠やラミネートべニアなどの人工の歯を使って、平均1~2週間という短期間で歯並びを綺麗にすることができ、身体への 負担も少ないことから人気のある治療法です。
「クイック矯正(セラミック矯正)」のメリットは、通常なら平均2~3年はかかる矯正と違って、わずか1~2週間という短期間で歯並びをきれいにする事ができるところです。
また変色している歯があっても、自分の歯に合わせて好きな色で歯を作ることができるので、自然で美しい歯並びにすることができます。

「クイック矯正(セラミック矯正)」の治療方法が画期的なところは、歯並びの悪い歯の傾きや捻じれを修正するのではなく、歯並びの悪い歯を削って上からセラミックのクラウンを被せることで、たった3~4回ほどの通院でがたがただった歯並びをきれいに治療することができるという点です。
この手軽さとスピーディさが理由で、モデルやタレント、講師、営業マンなど人前で歯を 見せる事の多い職業の人や、就職や結婚など大切な用事を控えている人、スポーツ選手などがよく利用しています。


審美歯科イメージ4

短期間で驚くほど美しい歯並びに変えることができる「クイック矯正(セラミック矯正)」ですが、もちろんデメリットもあります。

「クイック矯正(セラミック矯正)」の場合、歯の形や位置を変えられる量には限界があるので、歯並びの状態によってはクイック矯正できない場合があります。
また、冠を使用する場合には、健康な歯の歯髄を取ってしまうこともあり、場合によっては抜歯や神経除去と併せて行う場合もあります。抜歯した歯は二度と戻りませんし、歯の 切削や抜髄は歯にダメージを与える事もあるので、虫歯や歯の根っこの病気、歯根破折を引き起こす可能性もあります。
一般的には、時間が経つとラミネートベニアが剥がれたり、歯に被せた冠が割れたりするトラブルが起こることがあります。また、歯を並びを矯正するわけではないので、噛み合わせを改善することはできません。さらに、将来的なリスクとしては、歯茎が下がり人工の歯と天然の歯の境目が目立ってくるなど、逆に審美性が悪くなってしまうこともあります。

いわゆる「歯列矯正」と「クイック矯正(セラミック矯正)」は、治療方法や特徴が大きく異なります。
治療される人の歯並びや年齢、ライフスタイルなどによって、いずれ治療方法が適しているのかそれぞれといえます。どちらの治療法で行うのがいいのか分からない時には、歯科医院によく聞いて決める方がいいでしょう。

例えば、「クイック矯正(セラミック矯正)」は、歯の表面を削ってしまうので、時間がかかっても普通の矯正の方が良いという人もいますが、虫歯の治療でも治療であいた穴を 詰めるために歯を削ったりするので、あまり心配する必要はないと思います。
またどうしても銀の冠が目立つから替えたいという人や、短期的で歯並びをきれいにしたいという人には、間違いなく「クイック矯正(セラミック矯正)」をお勧めします。